「プログラミング出前授業」東京都港区立笄小学校にて実施

実施レポート

2021年11月13日(土)、東京都港区立笄小学校にてプログラミングの出前授業を行いました。
対象は、小学5年生、3クラス88名。プログラミングの必修である算数の授業で、『Scratchで正三角形を描こう』というテーマで行いました。

初めてプログラミングに触れる児童もいらっしゃいましたが、皆さんタブレット操作は慣れており、楽しく授業を受けてくださいました。

普段、分度器や定規で描く三角形とは違った角度の引っ掛け問題に頭を悩ます子が何度も数字を入れ替えてトライしている様子や、思い思いに角度や回数を工夫して三角形から模様を描く子など創意工夫が見られました。

また、保護者参観日だったこともあり、保護者様にも見学いただきました。授業を見学される方が多く集まる時間もあるほど、プログラミング教育の関心の高さを感じました。
どの子も試行錯誤を繰り返しながら、自ら学ぶ姿勢が素敵でした。

子どもたちにプログラミングの楽しさや、コンピューターの便利さが伝わっていたら嬉しいです。

今回の授業をきっかけに、少しでもITやICT、プログラミングに親近感や興味を持っていただける入り口となっておりましたら幸いです!

 

▼今回使用した動画教材はこちらからチェックいただけます▼
https://bit.ly/3nikaH

出前授業の様子

はじめに

コンピューターを使わないアンプラグドプログラミングでプログラミングを体感していただきました。

プログラミングタイム

「スプライト」と呼ばれるキャラクターに線を引いてもらうプログラミングコードを書き、実行。四角形や三角形の角度をおさらいしながら果敢にチャレンジする姿が印象的でした。
線の色を自分好みの色にしたり、大きさを工夫して多角形を使った模様を描いている児童もいらっしゃいました。子どもたちの、のみ込みの速さには大変驚きました。

さいごに

笄小学校の皆様には、このような機会をいただきましたこと、改めて心より御礼を申し上げます。誠にありがとうございました。

プロスタジュニアでは、今後もプログラミング教育を通じて子どもたちに「創るチカラ」「生きるチカラ」を育んでまりいます。

お問い合わせ

プロスタジュニア(運営会社:株式会社ミスターフュージョン)
E-mail:info@junior.programming-study.com
TEL:03-4500-9922

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter
pagetop